水処理浄化に欠かせない散気管

散気管が使われている卑近な例は、水生生物を養育している水槽の中でブクブク気泡を噴出しているエアレータです。

一般的にはパイプにメッシュを取付た構造をしており、吹き出し口は気泡を微細化して酸素が水に溶けるのを効率よくするために、オレフィン系樹脂やメンブレンチューブなどが使われています。この原理を取り入れて開発されたのが下水の排水処理です。

ホテルなどの厨房排水を下水放流基準値以下まで浄化するのに、散気とバイオの点滴のみを実施すれば直接下水管に放流できるほどに浄化されます。鉱物湯排水処理やシャワーテスター循環水の浄化でも同じです。

散気管の意味と役割に関する説明

散気管は液体の中に気体を注入するための管のことで、主に生物環境関係や工業などの分野で使用されています。

主に魚などが生息する水槽や汚水処理施設の浄化槽などに空気を送り込むエアレーション機能の目的でよく使用されていて、駆動中は管の先端から細かい気泡が多数出てくるのが特徴です。

散気管を使用した機械の基本的な構成は、気体を送り出す動力部とその気体を水中に送り出す管の部分で構成されていて、管の先には液体中に気体が馴染みやすくなるように、気泡が発生しいやすいメッシュ構造の先端器具が取り付けられている場合が多いです。

散気管の設置によるメリット

企業団体の運営を進めていく中で、工場などの設備を所有する場合、処理が必要な排水を多く排出するケースも考えられます。

排水処理の対策のために散気管が設置されていることも多く、衛生管理の徹底や臭いの発生原因の除去にも広く役立てられています。また、グリストラップや浄化槽が使用されている施設においても、用途に合わせて設置されることで、大きな効果が発揮されます。

空孔径を意識するほか、接続用継手や散気管受けを併せて選び出すことで、効率の良い設置対策が行えます。利便性の高い製品が取り入れられることで、環境問題の対策などにも効果的です。

幅広い用途に導入される散気管

浄化槽やグリストラップ、排水処理やメッキ工場の散気、さらには養魚施設の曝気など、幅広い目的で活用されているのが散気管です。使用目的や設置環境などによって、さまざまなタイプの製品が作られています。

特注大サイズの物や、簡単な仕様によって組み合わせながら設計できる物も存在しています。工夫しながら取り入れることで、より大きな効果が期待されます。

臭いや害虫発生などの原因となりかねない排水への対策をはじめ、曝気槽の散気量を増やしたい時などにも応用されている他、コスト削減のためにつくられている物もあるのです。

散気管が設置されている場所ってどういうところ?

散気管を一般家庭で設置するという状況はまずありませんが、ではどういった場所で主に使用されているのでしょうか?

こちらの設備には環境をよくする効果が期待されています。そのため大量の汚水が出てしまうような場所の周辺に設置されていることが多いです。例えば飲食店、もしくは工場では積極的に取り付ける所が多くなっています。

周りに住んでいる人たちのためになるだけでなく、その場で働いている人にとっても環境がよくなります。設置には初期費用がある程度かかりますが、一度設置してしまえば定期的にメンテナンスをすることで10年はそのまま使用することができます。

散気管に関する記事

オリジナルでTシャツを作成したいなら下準備としてこのサイトでチェック。オリジナルTシャツ作成の情報を集めてください。

オリジナルTシャツ作成、散気管の情報以外のお問い合わせはこちら

ページトップへ戻る