TOP > 散気管 > 散気管を導入するにあたって

散気管を導入するにあたって

散気管を購入するにあたって酸素の溶解効率を気にしている場合には、メーカーの営業マンからいくつかの製品の解説を聞くといいでしょう。

昨今においては、利便性の高さを誇る製品を専取り扱っているメーカーが急増しています。導入するうえで迷ってしまっているのであれば、納得がいくまでリサーチをおこなうことでしょう。

一番いい方法としては、既に導入している現場の人からアドバイスをもらうことでしょう。既に使用しての感想やアドバイスをもらうことができるでしょう。また、いくつかのモデルがあると思いますので、使用用途に合わせて製品を選んでいくことをおすすめします。

汚れの浄化から酸素供給に役立つ散気管

圧縮された空気を微細な気泡にするのが散気管の役割で、槽内に酸素を供給したり混合攪拌が可能です。

微生物に酸素を効率よく供給することで、汚水を浄化できるため浄化槽や排水処理施設、工場における油水分離やし尿処理施設でも用いられています。

汚水を処理する際、微細な気泡がたくさん出て微生物が活性化するほどコストをかけずに浄化できるメリットがあります。

酸素の供給に優れているため、散気管は水槽内の溶存酸素量を高める為に養殖や熱帯魚の水槽で用いられたり、アルマイト処理の現場、培養試験プラントなどにおいても導入される装置です。

散気管の設置における利点

排水処理が必要とされる施設などにおいて、効果的な利用が見受けられる散気管は、においの除去や衛生管理の徹底などに幅広く活用されています。

グリストラップや浄化槽などが使用される施設においては特に、衛生環境を保ち続けることが困難でもあります。より大きな効果を得るために、使用環境や目的、用途に応じた製品の選び方を行うことも重要です。

コンパクトタイプのものや特注のもの、簡単に取り付けられながらも仕組みのしっかりしたものなど、あらゆる製品がメーカーごとにつくられており、それぞれの特徴点などにも違いが見られます。

気軽に取り付ける散気管も登場

これまでは、取り付けには専用の道具が必要だったり、既に完成されている散気管を取り付ける必要がありました。しかし、塩ビ管を使ったタイプが登場して、取り付けが楽になりました。

散気管にするため、必要な道具を購入し、塩ビ管に取り付けるだけで完成します。販売している会社が、取り付け方法を紹介している他、非常に簡単に終わらせられるメリットがあります。

お金がかかってしまう問題点が指摘されているので、何とかして安くしたい方に向いています。取り付けは自分で行うことになりますが、それでも安くできる良さは様々なところにあります。

ポリ塩化のビニールの散気管について

散気管は、別名でディフューザーとも呼ばれていて、水槽の中に空気を送っていく機能となります。

この散気管については、多くの種類がありますが、ホースフレックスという商品があります。ホースフレックスは他のものに比べてみると、比較的良心的な価格で販売されていて、交換するにあたってかかるコストを今までよりも安く抑える事ができるようになっています。

散気管を作っているメーカーは、表面上にある器具を交換だけで良い物もあり、その仕様によって更にコストを抑える事ができます。その素材は塩ビ管と呼ばれ、ポリ塩化のビニールを採用していて、長さなどを自由にカスタマイズすることが可能になっています。

散気管に関する記事

メニュー

TOP ストレッチパンツ Tシャツ オリジナルTシャツ Tシャツ作成 インクジェットでオリジナルTシャツ作成 オリジナルTシャツとセットで作成したい物 散気管

オリジナルでTシャツを作成したいなら下準備としてこのサイトでチェック。オリジナルTシャツ作成の情報を集めてください。

オリジナルTシャツ作成、散気管の情報以外のお問い合わせはこちら

ページトップへ戻る