オリジナルTシャツ作成のパターンについて

自分のオリジナルTシャツを作るのが最近人気になってきていますよね。テレビや新聞などでも大きく取り上げられていて、簡単にすばやく作ることができるのが魅力のひとつです。

オシャレに敏感な人はすでに何枚かオリジナルTシャツを持っている人もいるのではないでしょうか。

Tシャツ作成にはもともとの印刷パターンが必要で、以前は専門知識が必要でしたが、今ではスマートフォン等で撮影した写真やイラストなどを送ることによって簡単にオリジナルTシャツを作ることができます。

費用も昔に比べてかなり安くなってきており、一枚からといった小ロットにも対応してくれるようになったのも人気の一つの要因です。

一枚つくるのに普通の既製品のTシャツと変わらない値段しかかからないようなところも多くなってきているので、イラストや写真でどこにもない自分好みのオリジナルTシャツを作ってみましょう。

はっぴとしても使えるオリジナルTシャツ

何かのお祭りでオリジナルTシャツをはっぴとして利用したいという人もいるかと思いますが、はっぴの様なデザインにする事も可能です。

やはりお祭りにはっぴは欠かせないと思いますので、オリジナルTシャツがあると簡単にみんな同じ物を揃える事ができます。

はっぴとしてオリジナルTシャツを利用する場合には、たくさんの枚数が必要になりますし、場合によっては後から欲しいという人もいる場合もあると思います。ですので、少し多めにオリジナルTシャツをプリントしておくなどの対策が必要となる事もあるでしょう。

オリジナルTシャツが大口注文となる場合には、到着までに時間がかかってしまう事もあります。

色違いで作るオリジナルTシャツ

たくさんのオリジナルTシャツを作る場合には、すべて同じ色で作るというのもいいですし、一部のオリジナルTシャツを色違いで作るのもいいと思います。

色のバリエーションがあると、全体としてきれいに見える事もあるかと思います。色違いのオリジナルTシャツを作る場合には、あらかじめ何種類程度のカラーを用意するのかという事を考えておく必要があります。

みんなの希望でオリジナルTシャツのカラーを自由に選択できる様にしておくというのもいいでしょう。また、オリジナルTシャツに使用するアイテムのカラーだけを変えるのか、もしくはデザインにおいても一部色も変更するのかという事も考えておきましょう。

オリジナルTシャツ作成に関する記事

ページトップへ戻る